您当前位置:主页 > F生活篇 >お母さんに会いにいく 邓涛 河崎深雪(河崎みゆき)訳 >
お母さんに会いにいく 邓涛 河崎深雪(河崎みゆき)訳
F生活篇

お母さんに会いにいく 邓涛 河崎深雪(河崎みゆき)訳

粉丝数:760+
浏览量:8683欢迎浏览本网站的精品文章
时间:2020-06-14 01:07:29
お母さんに会いにいく           邓涛                 河崎深雪(河崎みゆき)訳
 

日曜日になり、台风一过の秋晴れの日
5つの信号を通り过ぎ、お母さんの寂しさに会いにいく
会えばまたくどくど愚痴は続く まるで上手に覚えたセリフのように
无秩序なリズムでこちらの耳からあちらの耳へ
狂ったように飞び出していく。くどくどがたがたこんなじいさんとは别れたいよという母に会いに行く
60过ぎた人じゃないか、一生いっしょに暮らしてきて、
息子はもう40になろうとしている、何が离婚だよ。
お母さんはぼくが100日目のお尻丸出しの写真を抚でながら、
嬉しそうにぼくの子供の顷のことを话し始める
ぼくがあげたいいタバコを吸って
ぼくがあげた美味しいお酒を饮むのを见に行く
お母さんの涙と鼻水でいっぱいの顔
1日1日 年を取って行く
死んだら 息子に会えなくなって 世间のこともわからなくなるのが
怖いと
いうのを见に行く
ぼくのお母さん、毛沢东のバッチをつけて、山を越え、田舎へ行ったこともあるお母さん
纺绩工场で働いて、満场の喝采を浴びて舞台で演じたこともあるお母さん
テレビにも出て、大きな赏ももらったことのあるお母さん
いまや顔にはシミができ、农民アパートで横になってタバコを吸い続け、
愚痴をこぼして、窓の外 门へと続くあの道をじっと见つめている
息子よ、私に会いに来なくちゃ と。

母に会いに帰る

看 娘
 
礼拜天的时候,拎着颱风过后的第一个好天气
横穿五盏绿灯去看娘的寂寞
看娘喋喋不休的唠叨,像口齿伶俐地背台词
无序无节奏感地从一只耳朵挤入,从另一只耳朵
疯狂地窜出。看娘吵吵囔囔地要和老头子离婚
六十多岁的人啦,生活了一辈子
儿子都快四十,还离什幺婚。去看娘抚摸
我一百天照的光屁股相片,喜盈盈地谈起我的
童年趣事,去看娘抽我送给她的好烟,
喝我送给她的好酒,去看娘的一把鼻涕一把泪
去看娘一天天地枯老,去看娘谈死亡的可怕,见不到儿子
望不见世事。
我的娘,佩戴过毛主席像章上过山下过乡的娘
纺过纱演过满堂喝彩的舞台剧的娘
拍过电视获过大奖的娘
现在长着老年斑,躺在农民公寓里不停地抽烟,
不停地絮叨,盯着窗外进门的那条路

我的儿,该来看我了。

探母归来 

邓涛
邓涛  中国作家协会会员;中国文艺评论家协会会员;江西省美术家协会会员;江西省书法家协会会员;江西省作家协会理事;南昌市作家协会副主席;南昌市文艺评论家协会主席;南昌市诗歌学会执行会长;江西省社会科学院文学研究所特邀研究员;江西师範大学美术学院客座教授。
在全国报刊发表小说、诗歌、散文、评论千余篇(首)。出版《山河扣问》、《影月东太湖》、《邓涛诗歌》等十余部着作,曾荣获滕王阁文学奖(政府奖)、中国图书金牛奖(铜奖)、冰心儿童图书奖等多项奖项。

相关推荐